LAN接続 「有線と無線」とGe3値の関係

■  LAN接続 「有線と無線」とGe3値の関係

 

一言でLAN接続と言っても、色々な方法があり、
簡単な所では「有線と無線」の違いがあります。
最近では無線を使った接続も普通になって来ました。
そこの所を中心に調べてみました。

総合 ”気”の通り  
127.9pz 127.9pz 有線 100Mbps 最高性能時
127.8pz 127.7pz 有線 1Gbps 最高性能時
125.9pz 125.9pz WiFiでの接続 最高性能時
125.8pz 125.6pz WiFiでの接続 0.1m離れると…
125.5pz 125.5pz WiFiでの接続 0.2m離れると…
125.3pz 125.3pz WiFiでの接続 1m離れると…
123.3pz 123.3pz WiFiでの接続 5m離れると…

この数値は、Ge3チューンなどのワザは使っていない状態での数値です。
なのでGe3ワザを使うと良くなる可能性はありますが、
無線が有線を超えるのは凄く難しいでしょうネ。

 

LAN接続 「有線と無線」とGe3値の関係」への3件のフィードバック

  1. Windows7 + iTunesで有線で直接NASにリッピングしたものと、Mac(YOSEMITE)から無線LANでNASにリッピングしたものを比較しました。あきらかに前者の方が生々しいです。

    • Ge3的には品質的に我慢できる距離はWiFiでも1m以内でしょうね。
      Bluetoothだと更に短くなると思います。

      前に無線で接続するスピーカの話題が出た時も散々でしたよね。

  2. 今日長尺のLANケーブルが届きましたので、WiFiから接続を変更し、
    今芋蔓DQ雲泥のトレーニング中なので、1曲だけリッピングしなおしてみました。
    まいったなぁ。音の広がりとか余韻とかあきらかに違いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)