縄跳びのできるケーブルは良くない

前回、振動は諸悪の根元と言い切ってしまったゾ。(笑)
では、どうやれば振動を防ぐことが出来るか?
これを説明しなくては話が進まないだろう。
げげげ的にはどう考えて、どう対処しているのか?
その辺りをケーブルを例に説明してみると...

有効な制振対策として、まず思い浮かぶのは砂による制振だ。
そう、凧誅やジルジャなどに代表される砂漬けケーブルである。
これを初めて体験した時は、ホントびっくりしてしまった。
正直いってケーブルでここまで音が変わるとは思っても見なかった。
私をこの道に引きずり込んだ張本人は凧誅なのである。(爆)

砂漬ケーブルの制振方法の理屈は簡単である。
振動するケーブルを砂で埋めてしまうと、ケーブルは砂の重みで振動しにくい。
振動したとしても、砂の摩擦で振動を持続できない。
これが、おおよその理屈であろう。(笑)

で、砂漬ケーブルの事を考えていて、ふと浮かんだ疑問があった。
「砂漬ケーブルの心線は振動しないが、砂漬ケーブル自体は振動しないのか?
ケーブル全体の振動が気になってきた訳である。

私の疑問は、次のように考えてもらうと判ってもらえるかも知れない。
砂漬ケーブルで縄跳びはできるか?
うまく縄跳びが出来るには、縄がうまく回る事が必要だ。
これは、うまく振動する事と同じ事ではないか? そう考えた訳である。
砂漬ケーブルを全体像で見ると均質であるので、1本のロープと見ることができる。
これは縄跳びに使えそうな気がするではないか。(笑)

これが、げげげ理論「縄跳びができるケーブルは良くない。」である。(爆)

では、縄跳びが出来ないようなロープはどのようなロープか?

 1.フニャフニャで回せないロープ。
 2.妙な所に重しのスプリングがついているロープ

そろそろ、げげげケーブルの理論と構造が見えて来たのではないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)