ELAC Debut B5をチューニングしました -1

tsunaさんのBBSへの投稿を転載します。
 

■ELAC Debut B5をチューニングしました -1 投稿日:2015.12.23

まずバラしですが,やはり難航しました.(^-^;;
きささんに教えていただいた分解図と裏から見た様子で,
表のカバーを引っぺがすしか無いことは分かりましたが,
手掛かりがつかめず困りました.

結局役に立ったのはペインティングナイフとバターナイフでした.
カバー裏のパッキンは1mmも無いので,薄い物でないと隙間に入りません.
しかもウエーブガイドの周囲が飛び出しているので,しならないと差し込めません.
ホームセンターを歩き回ってペインティングナイフを見つけました.
ペイティングナイフは5本組みで\1,250の安物です.(^-^ゞ

 

使い方にはコツがあって,こじってはいけません.
ペインティングナイフを一枚から始めて徐々に隙間をひろげていくのです.
ツイータ側のピンの両側へペインティングナイフを差し込みます.
他のピンも同じように1枚差して均等に持ち上げます.
ストレートピンなのでナイフを抜いても元に戻らないですから,
4本のピンに同じように隙間を作ります.

次にピンの近くにナイフを一枚差したら,
もう一枚を重ねるように差し込んで,隙間を広げます.
他のピンへも同じ作業をします.とにかく均等に持ち上げていきます.
3枚差し込むと外れるピンもありました.
外れないところへは,ペインティングナイフを2枚入れて,
間にバターナイフを差してやれば外れます.

カバーのプラスチックは柔らかくてパリンと割れたりしませんが,
柔らかすぎて力が逃げてピンが抜けにくいのです.
隙間が出来たと喜んでピンの片側でこじるとピンが折れます.1本折りました.(o_ _)o
こじるならピンの両側で同時にやれば大丈夫かも.

ツイータ側が外れればウーファー側はバターナイフで外せます.
こちらは,カバーの内周がフレームとかみ合うようになっているので,注意してください.
怖がってナイフの先をしっかり差し込まないとスピーカーのエッジを潰してしまいます.
写真のようにキャビネット側にナイフを掛けて,少しずつピンに寄せていくと外せます.

 

出てきたツイータが,なんか異常な感じですね.磁石がでかいです.
磁石の直径は70mmあります.ユニット重量480gです.
ASH さん,ウエーブガイドの裏側は見られませんでした.m(_ _)m 豪快に接着!

ウーファは磁石の直径 100mmで,ユニット重量 1.2Kgくらいです.
音を聴いていると存在感が薄かったのですが,
鳴らすこと1週間で元気が出てきたみたいです.
その代わり,最初目立たなかった低域の問題点が耳に付くようになった感じです.
思ったより強力かもしれません.

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)