狂気   PINKFLOYD


買ったばかりの黒いジャケットのLPを小脇に、僕は日本橋の電気街を走っていた
日本橋のオーディオショップでは顔だけは知られていた。何しろ試聴ばかりで一向に買わないが、代わりに何組もの友人を紹介してくる
オーディオに狂った高校生だったからだ。

このPINKの新しいアルバムを出たばかりのVictorのSX-5で聞きたい。
僕の頭にはそれしかなかった。

シマムセンの店員に息を切らせながら試聴の希望を伝えた。

「その様なSPは無い」と店員は愛想が無かった。
彼は新人だった。
日本橋の何処の店の何階に何が置いてあるか、僕が知らない訳はない。
彼はその事を知らなかった。

「3階に置いてあるやん!? この新しいPINKをSX-5で聞きたいねん。」
僕はしつこかった。
奥から出てきた年配の店員が新人に囁いた。
店員は渋々僕を3階の試聴室に上げてくれた。

甘い目だけど良く伸びた低音と刺激の少ない高音は果たしてPINK FLOYDに
合っているのかどうかに興味はあった訳だが、
「狂気」が流れ始めたとたんSX-5への関心は消えてしまった。

昨日、梅田のヨドバシカメラでPINK FLOYDの狂気をようやく買ってきた。
何度か尋ねてみたが売り切れだったのだ。

そして今日、聞いた。

どうしても大きめの音とマルチチャンネルで聞きたかったので、
今日まで辛抱したのだ。

そして聞いた。

何処かの雑誌に誰かが、このアルバムを次のように評していた
「途中から聞けないし、途中で止めることの出来ないアルバム」

うむ...まさに言うとおりである。

僕は、またしても聞いたとたんに固まってしまった。

そして、まだ寒かった30年前の3月にフラッシュバックしてしまっていた。

マルチで聞くべきSACDである。

そして30年前の作品に脱帽  m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)