ハイレゾを買って聴いてみた。

■  ハイレゾを買って聴いてみた。

宇多田ヒカルのAutomaticと上原ひろみのMOVEのハイレゾ音源を買って聴いてみた。
普通のCDも持っているので、それのリッピングデータとの比較だ。

残念ながらリ・ミックスした人達の魂胆が見え見えで完全に引いてしまった。^^;
ハイレゾの優位性を小さなシステムでも判るようにするため、
ノイジーな音を極力消す方向が見え見えなのだ。

あんなに好評だった迫力が薄っぺらくて何も残っていない。
まぁFLACの圧縮にした時点で駄目なんだけど…

これではハイエンドの装置を持っている人達は、益々ハイレゾに興味を持てないだろう。
ハイレゾの方が圧倒的に優れているハズなんだが、圧倒的に迫力が無くて聞くに堪えない。

これでは買わない。

誰だ!ハイレゾのAutomaticを褒めていた評論家は?

ハイレゾを作っている人達の猛省を願う。m(_ _)m

お願いだから圧縮は辞めて! 
ZIPだと許せるのにね。

 

ハイレゾを買って聴いてみた。」への3件のフィードバック

  1. 僕も本当は期待しているのですよ。
    ハイレゾの方が良い曲があったら教えて欲しいですw。(泣)

    チェック用音源としてのGe3値を調べてみました。
    123p CD
     83p ハイレゾ

    オゾマシ…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

    試しに買うんだったら1曲めの鼕々(とうとう)だけで充分です。
    あくまでハイレゾの音が出るかどうかの確認にしか使えないとは思いますけどね。

  2. きささん

    返信ありがとうございます。
    それにしてもげげげですね。非常に悲しい現実に言葉が出ません(T_T)
    中古のCDを買うしかないですね。そして気が向いたらハイレゾを買って比較する。
    でもなんで~
    先にハイレゾを買ってからCDを買った方が幸せ?(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)