アノマロカリス

“げじげじ”改め アノマロカリス

掲示板を熱心にご覧の諸兄の中には、JJのMasterがきっかけで開発され突然話題にもならなくなった謎のグッズがあった事をご記憶だろう。

今回発表するのが、そのグッズの「アノマロカリス」である。

実は、この特許を取ろうと企てため、皆で箝口令を敷いた訳だが、色々な実験を進めているうちに、凄く効果のある部屋と全く効果が無い部屋と両極端なことが判ってきた。

そこで、このグッズの性能というか性格を、より理解するために、情報を収集する必要が生じてきた訳である。
多くの方に、これを作成して頂いて追試してもらい、感想や意見などを聞かせて頂けたらと思い。ここに公開する事とした。

だが、これを発案し発明したのはJJとGe3であること改めて宣言することする。
※まだ言ってるよ。馬鹿だね。(爆)

■機能

「アノマロカリス」は、部屋の定在波をコントロールすることは出来ないかと思って考案したモノである。
本当に、こんなモノ定在波がどうのこうの出来るのか、はなはだ怪しいが、確かに効果がある部屋もあるのである。

効果を発揮した場合は、素晴らしいの一言なので、試される価値は十分あると思うが如何であろう。

現在、判っていることは、SPの間隔を1.2m以内に設定している場合は、効果が出にくいようである。

試作された方、是非レポートを送って欲しい。
期待して待っているので宜しく。m(_ _)m

これが「アノマロカリス」の本体である。
これにフワフワの羽を付ければ完成である。

フワフワの羽を付け完成した「アノマロカリス」である。
これをSPとSPの間に置いて効果を確かめて欲しい。
SPより低い位置だとか、高くとか...
また、どこに置いても良いし、複数個置いても良い。
我が家では音像が高くなった。
また、低域や高域において、ベールが1枚剥がれたような効果があるポイントを発見できるだろう。

作成の便のため 原寸のGIFで図面を用意した。
プリンターで原寸大に印刷して、カッターで切って試作してみて欲しい。
羽は和紙かティッシュ。フニャフニャで腰が無い方が良い。

●図面1  ●図面2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)