有効桁の話 プラグ・コネクター編

■ 有効桁と小数点以下の話 プラグ・コネクター編

 電源コードを作成する時に悩むのが電源プラグである。
これが、また高いんだw!
高いのだと2万も3万もするから迂闊には手を出せない。
本当にこれらが効果があるなら仕方がないのかも知れないが、高過ぎるよ。

僕が力蛇に使ってるのは、Krellだと書いてあるこれだ。
 * 本当にKrellかどうかは非常に怪しいけど音は良いよ。^^;
手の届く価格でGe3値が高くて(124p)、カッチョ良いと思って使っている。
上のフルテックはカッチョ良いけど、価格は倍以上でGe3値はも23p(ロジウムメッキだからかな?)
で、これらのプラグが「どれくらいオーディオ的に貢献しているのか?」ってのが問題な訳だ。
つまり「投資する値打ちはあるのか?」ってコトだ
そこで電源ケーブルへのこれらの貢献度を%で調べてみた。

● それぞれの電源ケーブルへの貢献度

プラグ(両端) 18%
ケーブル自体 25%
ケーブルとプラグの接合方法 19%
ブレードの処理 16%
電源ケーブル外皮 13%
その他  9%

これでも、まだ判り難いですなぁ・・・

プラグ以外は120pの部材を揃えることができたと仮定して・・・
それに超標準的なP社のプラグ(112p)と上の124pのプラグと比べてみると、
オーディオ的には最終的に109pのケーブルになるらしい。
(詳しい計算式は、僕にも不明だが、そうなるとのことだ。^^;)

「無駄な投資はどこだ!?」というのが本稿のテーマなんだが、
「やっぱりプラグは大事だよ!」なんて、却って煽ることになってしまったw。^^;

『安物でも「もあれプラチナPlus」を塗ったらOK』だなんて、
考えている「あなた」ダメですよ。

● ケーブルの接合を調べてみた。

ネジ止め  93.3p
ネジ止め+もあれプラチナPlus 123.3p
半田付け 116.1p
半田付け+もあれプラチナPlus 119.6p
圧着  92.0p
圧着+もあれプラチナPlus 123.1p
溶接 126.7p
溶接+もあれプラチナPlus 126.5p

おっと、ネジ止め+もあれプラチナPlusが意外に検討していますよ。
でも、溶接+もあれプラチナPlusが溶接のみよりも落ちるのが判りませんね。

ここで、気になるのは圧着が意外に頑張っているコトです。
そうすると気になるのはSPユニットに良く使われるファストン端子だ。
次に調べてみることにしますw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)