LANポートのノイズの話

■ LANポートのノイズの話

かないまる氏発案のXターミネーターからブームになったLANターミネーターですが、色々なターミネーターが出現しましたがGe3的には静観していたのですが、ポートの振動が気になり作ったのが「鼓筆LAN」です。「電気的なノイズも恐いけど、ノイズ的には振動の方がヤバイ!」とのGe3的な思いからでした。

そこでGe3が気にしているLANポートの振動からのノイズの量を調べてみました。

106.7p 空いたまま
 83.8p 普通の端子を挿入
 83.8p 普通のケーブルを挿入
 83.8p 普通のケーブルを切って先端を挿入
 83.8p 某社のターミネータを挿入
 25.3p 「鼓筆LAN」を挿入
 23.8p 完全に蝋で塞いだ場合

振動しまくりでしょう。<( ̄□ ̄;)>
というか、振動対策専用に作る必要があった訳ですw。

すべての空き端子には「鼓筆LAN」がお薦めです。

こんな感じで空き端子には「鼓筆LAN」を挿入してしまいましょう。

普通のLANケーブルを挿していても振動からのノイズは結構大きい訳で、
すべての空き端子には「鼓筆LAN」を挿入がお薦めです。
と、言うか「すべてのLANケーブルに振動対策を行って欲しい」と思う程です。

「鼓筆LAN」はそれが可能な激安価格を目指しました。(⌒▽⌒)


先代の「鼓筆」ではRCA端子の振動を考えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)