Ge3のケーブルについて

■ Ge3のケーブルについて

Ge3のケーブルについての、コダワリや素材の話です。

Ge3ではケーブルの柔軟性は重要なポイントだと考えています。
硬いモノより柔らかいモノの方が振動し難いからです。
縄跳びを想像してみてください。
フニュフニャの紐だと回すことも出来ないのと同じです。
Ge3でも偶に硬いケーブルも作るコトはありますが、
それは振動対策に出来る自信があるからの話です。^^;
基本、ケーブルは柔しなやかな方が確実に振動の少なものに仕上がります。

● 芯線とシールド

一般的にオーディオ・ケーブルは下の写真のようなシールドケーブルを芯線に使用しますが、Ge3はメッキなしの単線を好んで使います。
理由は、その方が開放的で明るく音が響く気がするからです。
シールドケーブルを使うと、拘束された感じの音に聞こえる気がするのです。
まぁ、勝手な思い込みなのかもしれませが… 
^^;

◆ シールドケーブルの例

◆ 単線の例

Ge3では特別な理由のある場合を除いて、ケーブル作りにはシールド線を使いません。
音の良い単線を探して「より開放感ある、明るいケーブルが出来ないかなぁ…」と、常に考えている訳です。
ある意味、病気に近いですね。

しかし、シールドが必要な場合もあります。
その時は、金属メッシュでオリジナルのシールドを作ろうとします。
シールドは使い方次第で音の傾向が大きく変わるからです。

でも、インピーダンスの精度が要求される場合は、この手法は使えないので、
シールド・ケーブルを使わざるを得ません。
でも、出来るだけ音の良いモノを探して作成しています。
もしも、見つからない場合はGe3では作る必要がないの作りません。

◆ Ge3のケーブルの方向性について

ケーブルが使い方の方向を変えると音が変わるモノがあり、
その差は意外と大きな差だと思います。
しかし、どう使うかは、完全に好みの問題で、決まった使い方はありません。

Ge3のケーブルには写真の様な布製のGe3のタグが付いている場合があり、
タグが下流を示しています。

◆ シールド構造による音の違い

上流側をアース 締まった感じ/暗い/冷たい
下流側をアース 開放的/陽気/明るい
両側をアース おとなしい音/冷静

これがGe3が意識しているケーブルの方向性による音の違いの傾向です。
シールドケーブルを使うと、その差は出難くくなります。
Ge3がシールドケーブルを使わない理由の一つです。

◆ Ge3的好みの傾向

Ge3のの求める音の傾向は、繊細で上品、それでいてスピード感がある音です。

ボヨンボヨンとした膨らんだ音は苦手です。
砂漠を疾走するロケット・カーではなく、成層圏を飛ぶジェット機のイメージです。
ドロドロとした人間くさい、迫力満点な音も得意ではありません。

暖色系よりも、寒色系の音が好みです。
この音が「貧相、細い、高域が強い」と思われる場合が多いってのも知っていますが、この傾向の音が好みですね。

そのような好みの傾向からなのか、芯線の素材としては銀かアルミを多用しています。
銀線も銀メッキでは無く、純銀線を使いますが、アルミ線は銅メッキ線を使っています。
これは半田の使い勝手が良いのが理由です。
銀の使用率が高いので「銀蛇」という名で素性を誇示している訳です。^^;

「冷たい/明るい」などの感覚は、感覚なので、どう感じるかは人それぞれです。
同じ部屋で聞いたとしても、違って聞こえているのが普通だと思った方が良いでしょう。
要は耳から入ったら脳内の世界です。
自分だけの世界なのです。

● プラグについて

◆ RCAプラグ

Ge3ではRCAプラグの装着率が高いのですが、
音が良いから
RCAプラグを使っている訳ではありません。
仕方がないと言うのが現状です。^^;

「仕方がない」とは言え、Ge3値の高いプラグを探して使用しています。
最近、インピーダンス特性を主張している
プラグが増えて多くなって来ましたが、Ge3的にはあまり気にしていません。
それよりも「抜けにくい」、「ストレスが消えやすい」プラグが重要だと考えています。

プラグのストレスの有無は方向性どころの話ではありません。
ストレスのあるプラグの音は驚く程、酷い音ですよ。^^;

◆ XLRコネクター

XLRタイプコネクターは出来れば使いたくない音の悪いコネクターだと考えています。
プロ用機器ではXLRタイプしか存在しませんが、
プロがXLRタイプを使うのは、ケーブルの抜き差し時のポップノイズが構造上発生しにくいコトと
抜けにくいからだでしょう。
たとえ、足にケーブルを引っ掛けたとしてもXLRだとケーブルは抜けずに、人間の方が転ぶか、機器が落ちます。
プロの世界では音質よりも、音が確実に出ることが最重要なのですw。
イベントで音が出ないと言うのは絶対に許されない訳です。

音の悪い原因は、無駄に大きな躯体だと思います。
これが梵鐘のように共鳴し、それが再生音に乗ってしまうのです。

コンシューマ機器は音だけを追求するのは自由になので
使わない方が得策だと思うのですが、ハイエンド機器は
XLRを使ったモノがほとんどです。
オーディオ マニアは、どうもプロ機器への憧れが強いようで、
プロが使っているXLRタイプは性能が良いと信じているのでしょう。

◆ BNCコネクター

実はオーディオ的に一番良いのがBNCどと思っています。
RCAやXLRと比べるとはるかに構造的な理屈が合っています。
接続も確実だし、まぁ抜け難い方ですし、振動も少ないし、と良いコトづくめです。
その中でも音の良さに一番貢献しているのは、接触部の構造です。
抜き差しに伴うストレスが他のプラグに比べて少ないの訳です。

Ge3でも「銀蛇シールド BNC」というケーブルを作りました。
好評だったのですが、最近状況が変わって来ました。
「銀蛇シールド BNC」では同期が取れない機器が増えて来たのです。
原因はインピーダンスの不整合です。

「銀蛇シールド BNC」においてもシールドケーブルは使わずに、音のために細い銀線を使ってコツコツ手作業で作っています。
それが原因でインピーダンスに幅があり、測定器精度を要求する機器では接続出来なくなるのです。
「音は悪いが同期できるシールドケーブルを使うか?」「諦めるか?」と言う状況なのです。これからも
「銀蛇シールド BNC」では同期が取れない機器が増えるのは確実です。
シールドケーブルを使うと同期は取れますが、その音はGe3的ではないため、
「銀蛇シールド BNC」は製造中止にすることにしました。
音の良いシールドケーブルが見つかれば再開します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)