金属パイプのGe3的制振考

■ 金属パイプのゲゲゲ的制振考

BBSで話に出た金属パイプ製のSP台は格好良いが、大抵はGe3値が低いので、
Ge3的にはお勧めでは無い。
でも、すでに持っている人は何とかしたいだろうから、ゲゲゲ的な対策を考えてみた。

写真の様なSP台のコトを言っている訳だが…
* スレ主の写真を拝借しましたw。^^;

BBSでも書いたが黒砂糖を使うのが良さげだ。

104.2p 現状
114.1p 砂を詰める
115.8p  砂糖を詰める
119.7p 黒砂糖を詰める

使用する黒砂糖は粉末のモノが使い安そうだ。

■ 黒砂糖の使い方

上の図はパイプと中の黒砂糖の様子を示しており、方法は2つだ。

1. 黒砂糖をぎっしり詰める
2. 5mm厚の黒砂糖を内側に貼り付ける

どちらも性能に違いは無いので、作り易い方法で実施して欲しい。

● 共通する基本のポイント

黒砂糖はビニール袋に密閉して使用する。
パイプと黒砂糖の間には隙間が少ない方が良い。
パイプの表面の70%以上、黒砂糖が触れているコト。

これらのポイントを踏まえて施工するには、
1. の「黒砂糖をぎっしり詰める」には、隙間なく詰めるコトに集中すれば良い訳だが、
2. の「5mm厚の黒砂糖を内側に貼り付ける方法」では、パイプと黒砂糖の密着させるコトが重要だ。
つまり、いかに密着させられるかがポイントな訳だ。

僕が考えた方法は、

1.  ダンボールを軽く巻いて筒を作り、
2.  その外側に5mm厚の黒砂糖の袋を貼りつける。
3. それをパイプの内部に入れる。
4. ダンボールの筒の中に新聞紙を丸めたモノを入れ 、棒で突いて密着度を増す。

以上の様な方法だ。* 判るかなぁ… (笑)
試したことは無いが多分、上手く出来ると思う。

● まとめ

以上で金属パイプのSP台のチューンは終わりだが、何かのヒントになっただろうか?
言うまでも無いが、SP台は難しいので格好では選ば無いコトだ。
Ge3値の高い製品を買うか、正しい理屈で自作するのがお薦めだ。

◆ 買う

吉野杉 丸太イス 124.3pz   : http://120club.ge3.jp/?p=6912

◆ 作る

 蛙鳴蝉噪   ”櫓” SP台 公開版 124.9pz : http://audio.ge3.jp/modules/blog/?p=3305

 

■ 使用する黒砂糖
黒糖にもGe3値の差はあるのだが、
最終的には気にする程の差は出ないので、コダワル必要は無いが、
下記の黒糖はアマゾンで見つけた中では、安価でGe3値の高いモノだ。

● 最後に…

以上で119pのSP台ができる訳だが、SP台の下が弱いと話にならない。
自作でも良いので
「大地」を使わざるを得ないコトが理解できると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)