マグネットによるGe3値の違い

■  マグネットによるGe3値の違い

音の良いマグネットを調べるために、それぞれのGe3値を調べてみた。

フェライト        102p
アルニコ        128p
ネオジウム       124p
樹脂磁石       128p

なるほど…

次に音にとって良くないと云う話の「渦電流の影響を受けやすいGe3値」を調べてみた。

フェライト        123p
アルニコ        83p
ネオジウム      119p
樹脂磁石        64p
電磁石     92p

音とは関係が有るようで無いような…
では何故ネオジウムはアルニコよりも音が良いと言われるのだろうか…

その理由は、恐らく「軽さ」なのだと思う。
現在ではフレームの鳴きを気にする人は少ないようだが、
Ge3的には無視できない要素だ。
同じ強さのマグネットで比較すると、ネオジウムはアルニコの8%の重量だ。
この重さの違いはフレームの鳴きも大きく関係すると思うので、
重量と渦電流でとの悪影響を勘案して、改めてGe3値を調べてみた。

フェライト        82p
アルニコ       118p
ネオジウム      126p
樹脂磁石       128p
電磁石    126p

※ここで云う樹脂磁石とはネオジムボンド磁石である。

なるほどね。^^;

● ここで少し誤解があるようなので追加の情報を…

SPユニットの部位の音への影響の割合

コーン       29%
ボイスコイル    27
磁石    29%
エッジ      12%
フレーム      2%

以上の割合からも冷静な判断を…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)