ケブタエッジを作る

■  ケブタエッジを作る

ケブタエッジは「エッジの音がしないエッジ」として紹介してから10年程になります。
実際にはココまでSPを改造する人は稀で、
改造した人だけが、その静けさを体感しています。
ところが、最近101匹めのお猿さんの出現があってからか、
問い合わせが増えてきました。
嬉しいコトです。

実際の改造の写真は結果はコレです。!
まるでサンタクロースかフワフワの便座みたいなので、
普通の人は躊躇します。

一度、「ケブタ・エッジ」の静かな音にハマってしまうと、
便座と言われようとも気にならないのですけどね。^^;

 

下の写真の様に、扇状の断片に切ったケブタを組み合わせて作ります。
至ってシンプルで、ロール状にするとかの工夫など有りません。
ケブタの本来の柔軟性をそのまま利用する訳です。

 

ここでは、4分割で組合わせようとしています。

前準備として古いエッジを綺麗に取り除いて、”ケブタエッジ”化がの始まりです。

採寸は、下記のようにAとBを測ります。

その採寸した数値を元に、下の様な型紙を作るのですが、
型紙の正確さは重要です。
分割数はユニットの口径によって異なります。

30cm経だと6分割くらいが、
20cm以下だと4分割が適当でしょう。

 

● 「ケブタエッジ」のユーザ・サービス

採寸用紙のPDFをダウンロードする。

このPDFを参考にAとBのサイズをメールで送って下さい。

送り先は info@ge3.jp まで
件名は「「ケブタ・エッジの見積もり依頼」として下さい。
数日後、見積もりをお返しします。

作業はAとBのサイズだけを見て作るので、間違いは禁物です。
間違いは作り直しになります。

注意 
「ケブタ・エッジ」への改造は根気とある程度の器用さが必要です。
一旦改造が始まると後戻りは出来ません。
自信のある人だけ施工して下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)