JBL LE8T用逆ホーン 127.8/139.3pz

■ JBL LE8T用逆ホーン

世界一有名なフルレンジユニット用の逆ホーンを公開します
出来るだけコンパクトに出来るようにしました。
熱いボーカルはそのままです。\(^-^)/
ツイータの追加など思ってはいけません。
この熱さが損なわれてしまいます。
フルレンジの本当の素晴らしさを堪能できますぞ。\(^-^)/

■ 適正Ge3値
 

 JBL LE8T  126.8pz
 DAYTON AUDIO PS180−8  126.6pz

●チューンについて

コーン紙
 黒アゲハ 4枚 裏側でも可
 琴引   中央にウルトラマン貼り

 もあれ  コーン表面に塗布

ダンパー
 ケブタ 3x3mm 3箇所
 
もあれ

錦糸線
 
ケブタ 3x3mm +ーの2箇所
 もあれ

カウンターウエイト
 ヒグラシ ユニットの後ろに3個

各端子やケーブル
 もあれプラチナ+

●塗装について

コダワル必要はありませんが無塗装よりは何かした方が良いのは確かです。
音道の内側にはモアレの塗布が良いですよ。

チューンが上手く出来ると139.3pzはイケますぞ!
Ge3値では表せないこのユニットの熱いものは何物にも代えがたいですw。\(^-^)/

JBL LE8T用逆ホーン 127.8/139.3pz」への2件のフィードバック

  1. 私のものと比べて、容積がおおよそ2/3以下と大分コンパクトですね。自立柱と音道の交差がなくなっていますので、その点は工作が楽なのと、材料費が安くなるのが嬉しいですね。
    逆に、音道の制作はちょっと難しそうですが、私も使用しましたが、木の石の粘土なんかで、細かいところ仕上げたら、楽かもしれません。
    制作の難易度はともかく、とても素晴らしい音がしますよ。オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)