LPプレーヤについてゲゲゲな探索 2013/11/16

■ LPプレーヤについてゲゲゲな探索とチューン

最近、「ストレート・アームが良い」などとワケワカメなことを言っているけど、
それに関して、プレーヤ周囲のGe3値を調べてみた。^^;
あくまでGe3的な話ですのでね…

失神しても知らないよ!>ALL

 うるうる

● ターンテーブルの方式の違いによるGe3値(最高値)

119.2pz/124.5pz アイドラー(超結界機器用をモータ部に添付)
123.8pz/129.8pz 糸ドライブ ()
126.9pz/129.9pz ベルト・ドライブ ()
126.8pz/129.9pz ダイレクト・ドライブ ()
123.6pz/129.3pz クオーツロック ()
137.7pz/139.3pz 番外 ゼンマイ・モーターによるアイドラー ()

● アームの形状
115.3pz S字型
118.7pz J字型(ストレートでもシェルがオフセットを
含む
127.9pz 完全ストレート(シェルまで完全なストレート)

● アームの材質
119.2pz/126.9pz  鉄(Qシート10×40)
118.4pz
/128.3pz  アルミ ()
119.2pz
/129.2pz  ステンレス ()
118.3pz/129.9pz  真鍮 ()
115.6pz/116.3pz  木材 ()
115.6pz/116.4pz  ()
124.8pz/132.3pz  グラスファイバー ()
126.8pz/138.9pz  カーボンファイバー ()

● アーム支点の方式
118.9pz
/126.4pz ベアリング (”もあれプラチナ+”を注入)
126.9pz
/134.8pz ジンバル・ベアリング ()
119.6pz/123.3pz ピンポイント ()
119.9pz/122.4pz ナイフエッジ ()
121.7pz/126.2pz ダブルナイフ・エッジ ()
116.8pz/119.8pz オイルダンプ(ベアリング) ()
107.6pz/116.5pz オイルダンプ(浮遊式) ()

● シェルの固定について
 78.6pz シェル交換式(ユニバーサル・ジョイント)
106.4pz シェル交換式(ロッキング・チャット)
128.0pz シェル固定式
126.7pz ユニバーサルをエポキシで固めてしまうと…

 

● ケースの素材(各最適値で…)
123.6pz 木材 120mm
123.6pz アルミ ダイキャスト 37mm
126.3pz 真鍮ダイキャスト 37mm
126.7pz ステンレス 20mm
129.8pz 大地6

LPプレーヤについてゲゲゲな探索 2013/11/16」への2件のフィードバック

  1. その昔(30年近く前でしょうか)、パイオニアのP10を使っていました。上記Ge3値一覧を見てみると、P10の設計が要所要所で勘所を押さえているように思えます。そんな昔から自分の感性とGe3の指向するものが近かったのか、その頃のパイオニアの技術者が耳が良かったのか・・・昔懐かしく、ちょっと嬉しい一覧です。

    http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/player/p10.html

  2. 懐かしいプレーヤですね。
    今更ですがGe3値を調べてみると、124.8pzですと…
    パイオニアの技術者の耳も良かったのでしょうね。\(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)