聴能力のはなし4

聴能力のはなし4
 
 
 
つる:なんかね、
   その、うまくいえないんですけど、
   「人類皆平等である」っていうような権利の平等と、
   能力の平等は、
   違う
   っていうこと…ですかね?
 
   …そこまで飛んだ話はしてない、の、かな?
 
きさ:ン〜と、それは、
   みんな平等やって思ってる、ってこと?
 
つる:そう。
   ええと、
   「生きる権利は平等にある」みたいな権利の平等が
   「誰にとっても良いものである」とされているみたいに、
   「貴方が良いものは、私にも良い」ってくくられちゃってて…
 
   例えば音でいうなら、
   貴方と私の「聞く能力」が実は違ってて
   「良いとする音」も違ってくるのに、
   「貴方が良いものは、私にも良い」って思いこんじゃう、ってこと。
 
きさ:(同じだと)思ってるね。
   なんでそう思ってるのか知らんけど。
 
つる:うん。
 
きさ:なんでそもそも、他人と同じ能力があると思ってンのかしらんけど…
   そんなんやったらオリンピックなんてあるわけないと思うし。
 
つる:ん〜…そうですねぇ。(苦笑)
 
きさ:せやからね、
   なんかある意味、
   人間を工業製品みたいにとらえてるのが文化やねん。
 
つる:ふ〜ん…
   それは、近代の文化、ってことですか?
 
きさ:多分ね。
 
つる:ふむ。
 
きさ:でも、そうじゃなくて、もっと…
   我々は原始的な、まだ進化の過程におる生物なんやってことを、
   認識しておくべきやろなぁ。
 
つる:ふうん。
 
きさ:そんなんもう、「神の領域に近づいた」みたいに
   ひょっとしたらそう思っとんのかもしれん。
 
つる:(苦笑)
 
きさ:できあがった生物愛や、ってな。
 
つる:この平等な…「同じもの」だとおもっていることが、ってことですか?
 
きさ:そうそう。
   だから…なんていうのかな…
   文明論かもしれんのやけど、
   そういう情報を今はスポイルして耳に入ってくるンやと思うんや。
   「違いがある」ってことがね。
 
つる:すぽいる…
 
きさ:「取り除いて」って意味。
 
つる:(頷)
 
きさ:例えば、千人生まれたら、
   先天性疾患とか、まぁいろいろ、あんねんな。
 
つる:ありますね。実際。
 
きさ:んで、しっぽ生えてる子は、もっと多いはずやねん。
 
つる:うんうんうん。
 
きさ:でも、知らんやん?みんな。
 
つる:うん。(頷)
   知らないうちにしっぽはチョン☆とされてる…
 
きさ:うん。
   だから、若い姉ちゃんが
   「デビューや!」
   つってヌード写真を撮ってお尻写したら
   「あ、切った痕がある!!」
   ってなんねん。
 
つる:うん。(笑)
 
きさ:知らんねん、本人もな。
 
つる:うん。(苦笑)
 
きさ:知ってたら「エエーっ?!」ってなることをなんか…
   それって大事な話やと思うねんで?
 
つる:うんうん。
 
きさ:「違う」という事実を知ってたら、
    ほしたら、
   みんなで手ェ繋いで走ってゴールしましょう、
   なんてことにはならんと思うし。
 
つる:はっはっはっは(苦笑)
 
きさ:ほしたらみんなこの一年でこの教科書で九九を覚えなさい、
   みたいな話もできひんやん?
 
つる:(頷)
 
きさ:三年かかる子もおるやん?
 
つる:うん。
 
きさ:でも、二週間で終わる子もおるねん。
 
つる:おるおる(頷)
 
きさ:そういうことを全部無視して、「みんないっしょ」って…
   なんか工業製品みたいに思いこもうとしてるんやとおもうけどな、今は。
 
つる:う〜ん…(悩)
 
きさ:だからウチ(Ge3)なんかが言うてるのは相容れへんねやろなぁ。

 

<追記>
話はどんどん広がります。
仕方がないですね。
物事はそれ一つで成り立っていないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)