日焼け止めを週3回以上使う人はビタミンD不足

■ 日焼け止めを週3回以上使う人はビタミンD不足

最近「日焼け止めを週3回以上使う人はビタミンD不足」なんて話を耳にするけど、
何のことか知っていますか?

なんでも「最近の女性は全般にビタミンD不足で骨粗しょう症の可能性が高い」らしいのです。
原因は日常的に使っている「日焼け止め」で「紫外線を浴びる時間が少なくなっている」とのことです。

ビタミンDは食物から摂取する方法と「太陽を浴びて体内で作る」方法があるのですが、
ここ数年続いてる美白ブームのため、日本の女性の多くが「慢性的なビタミンD不足」だと言うのです。
ビタミンDを体内で生成するのに必要な光はの日焼けの原因の紫外線とはほぼ同じなので、
問題になっている訳です。

日常的にSPF30の日焼け止めをしていると、
皮下でのビタミンDの生成は5%以下になってしまうので、コトは深刻なのです。

● シモンバームは生成の邪魔をしない!

そこで思い出していただきたいのが「シモンバーム」です。
光の屈折と反射という物理現象を利用した日焼け防止ですw。


紫外線でも肌が黒く焼けるのは、光の周波数的に言うと紫外線の中でもごく一部なので、
それだけを選択的に減衰できれば、黒くならないのです。
それがシモンバームです。
早い話「黒くなる以外の光には影響しないゾ!」って話なのです。

一応”上”的に調べてみると、シモンバームが防いでいるのは紫外線の3%だけです。
つまり紫外線で出来るビタミンDの邪魔は3%だと言えます。
それ以外の紫外線には殆ど影響しないのです。

一般的な「日焼け止めクリーム」は、冒頭の写真のように光を通さない、
「光散乱剤」か「光吸収剤」を使う訳だが、
同時に殆どの紫外線を妨げてしまう。

ビタミンD生成の邪魔をする比率を調べると・・・

 シモンバーム    3% 
 光散乱剤を使った日焼け止め  100
 光吸収剤を使った日焼け止め   65%

「光吸収剤を使った日焼け止め」は肌への影響が多いなどと言う研究者も多いので難しい。

成長期の子供への影響は大きいと思われるので、しっかり考える必要があります。

● 詳しくは下記のブログを参考にしてください。

日焼け止めを週3回以上使う人はビタミンD不足!?|大阪樟蔭女子大など : https://hakuraidou.com/blog/94501/

【紫外線】日焼け止めの塗りすぎは骨粗しょう症の原因に! – NAVER まとめ : https://matome.naver.jp/odai/2136547461657034301

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)