オーディオ用のHUBは100MBに限るかも?

■  オーディオ用のHUBは100MBに限るかも?

今ではHUBというとGIGA HUBを指す状況だが、
オーディオ用には100MBの一昔前のHUBに限るようだ。
どうやら理由はジャンボフレームにあるようだ。
100MBの
HUBでも一部対応しているHUBがあるようだが、
設定で切っることができるのであれば切るのがお薦めだ。

速度を稼ぐためにバッファーを大きくしているらしく、
それがコピーに当たるらしいのだ。

写真はの製品は別に倶楽部員ではなく100MBに対応した、古いHUBだ。
今でも100MBのHUBは売っているので、オーディオ用として買ってくべきだ。

電源は倶楽部員電源の製品にするのは当然なので、アダプタ式が良い。
 

オーディオ用のHUBは100MBに限るかも?」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。1000baseより100baseの方が良い理由として、ジャンボフレームを使用していないとのことですが、記憶ではジャンボフレームは使用者がそのネットワークアダプタのプロパティで設定しないと動作しなかったように思います。実際、今使用しているMAC MINI のシステム環境設定で内容を見たら、ジャンボフレームはOFFでした。それであれば、GIGA HUBもOKになりますでしょうか?

  2. CPUを使う時のコツは無駄を省いた方がノイズが少ないと云うのが原則だとすると、
    機能を止めることは勿論、無い方が良いと思いますよ。

    でも、念の為に探索してみました。
    ジャンボフレームをOFFにした時のGe3値
    100MB  122.7pz
    1000MB 121.8pz

    ジャンボフレーム以外にも悪さをしている原因がありそうですね。

  3. ジャンボフレーム云々よりも電源の影響の方が遥かに大きいことが改めて判りました。
    「デジタルなのに電源?」なんて無粋な話は横に置いといて試してみるべきですw。
    北斗の男さんにお願いです。
    ジャンボフレームON/OFFの違いは試しました?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)