ケーブルインシュレータの話し

■  ケーブル・インシュレータの話し

ケーブル ・インシュレータなるものがあって良く質問を頂くのでその話を…

つまりはケーブルが床の振動を拾っている訳です。
Ge3的にも床の振動を遮断するコトをお勧めします。
現在販売中のGe3のケーブルの多くは、その対策がされています。
「超銀蛇シールド」も「芋づるDQ」も対策済みです。

他の一般的なケーブルを使う場合には、
ケーブル・インシュレータの使用はカナリ有効なので、調べてみました。

振動の減衰性能では無く絶縁性能がポイントです。

床から受ける振動を遮断する性能のGe3値

  ケーブルの置き方
128.0pz 『大地6』の上
120.0pz 120pzの床の上
99.9pz 100pzの床の上
126.3pz  絨毯の上(120pzの床の上)
126.8pz 「雲泥」の上 ※以下全て120pzの床の上に置いた場合
123.2pz 「礎」の上
125.3pz  吉野杉100mmの上
125.3pz  鉄9mmの上
113.3pz  スポンジ100mmの上
112.5pz  スポンジ30mmの上

 

接地する間隔によるGe3値
120pzの床の上に100cm角の杉材で
間隔をあけて空中配線した場合のGe3値

125.4pz  30cm
125.2pz  50cm
124.8pz  70cm

2015/01/28 修正

 

Lo-Fiさんのブログで見つけた画像です。
音的な話はともかく遊び心が良いですね。
http://naseba.exblog.jp/5686010/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)