GENELEC 6010B をチューン その1

■  GENELEC 6010B をチューン

この情報は tsuna さんのBBSにと投稿されたチューンの情報を元に
Ge3で追加修正しました。

投稿者: tsuna   投稿日: 14.10.22 22:56 の投稿

一昨年から家に自由になるスペースがとれず,オーディオから遠ざかりました.
でもあまりに寂しいので,この春までPC~ヘッドホンでお茶を濁していました.
しかし,要石のバージョンアップでこちらにお世話になりましたら,悪魔(きさ)さ
んの囁きが・・・「PCはゴミ.NetAudioええよ」.

聞きたいDSD ファイルもあるので,倶楽部員としてご紹介のあったNA8005を購入して,
悪魔(きさ)さんの囁きの意味が分かりました.(^-^;;もうCDプレーヤーいらない

私にとってNetAudioの一番ありがたいところは安心感のようなものです.
音の揺れが非常に少なく,空間表現や細かい音が聞き取れるように感じています.
「要石25機器用」を使ったときに同じような感覚がありました.
今までの音は,写真で言うと小さいブレを起こしていて,一見普通なんだけど切れが
悪いというのと似ている気がします.
もっとも今までブレブレだった訳なんですが.m(_ _)m

ややこしい経緯もあるのですが,まあ,夏場のヘッドホンに耐えられず,タイトルの
卓上スピーカーを購入し,久しぶりに驚いてしまいました.
音が出たとたんに分かりました.この人は正しい.(o_ _)o GENELEC 恐るべし
正しいけど安らげないかなー.でも大丈夫,ゲゲゲチューンがあるからね.
(久しぶりに地鎮にご登場願って乗っけてます.大地はテーブルの上には無理なんで)

チューニングを強化するべく,グッズを購入するときに,きささんに質問しました.
「超結界機器用 F1にとってパワードスピーカーは一つの機器なのでしょうか?スピー
カー部とアンプ部の二つの機器になるのでしょうか.」

お答えは,このように頂きました.
きささん>>超結界機器用 F1は 6010B に1個でも十分効きます。
きささん>>でも、内部のAMP部に貼ると更に効きます。
きささん>>トルネードにするともっと効きます。^^;
きささん>>どの当たりで手を打つかの問題です。
きささん>>トルネードは内部にも可能ですよ。(爆)

写真のようにチューニングを進めていたので,どんなもんだと「超結界機器用F1」を
6010B の足下に一枚置いてビックリ.( ̄□ ̄;)!!
以前の超結界機器用とは効き方が桁違いですね.音がふわっと柔らかくなり,温かみ
が伝わって来るではありませんか.小さいし裏は革製で格好良いし.凄い.

ピラミッド貼りができる分は購入したのですが,外側にいろいろ置いてみて,卓上だ
し3枚で良かろうと決め,内部に納めたのが下の写真です.

きさ@Ge3
良いSPを買われましたね。
小さのに実に良く鳴るので
ビックリでしょう。
本格的なサブウーファを追加すれば大きなSPは不要かもですね。

このメーカの人は耳が良いのか?  何かを知っているのか? 
間違いなく、どちらかだですね。

しかし,外に3枚置いたのと中に入れたのでは様子が違うように思います.
外部に3枚の方がスピーカーが喜んでいるような気がするのは気のせいでしょうか?

きさ@Ge3
うむ…
筐体に「超結界機器用F1」が効いているかどうかの違いみたいです。
意外と筐体がポイントなのかも知れませんね。
貼っている「大黒アゲハ」は、倍くらいの面積が適当ですよ。
オット、「ヒグラシ」も貼っていますね。
残念ながらコノ貼り方ではトルネード効果は得られません。
トルネードは最低5枚必要ですw。

ユニット後ろの「茅蜩・鼓粒」も効くでしょう。\(^-^)/

テレテレ

上の写真の3箇所の矢印の所に「Qミルフィーユ・チップ」を貼ってください。
パワーICには側面に貼ってください。
「大黒アゲハ」はこのSPには現状の倍ほどの面積が適量だと思いますよ。
Ge3のRCAケーブルは太すぎて入らないのですか?

琴引 効くでしょう!
投稿者: きさ@Ge3   投稿日: 14.10.29 11:29
琴引を貼れましたか?!
凄いでしょう。

 

筐体は今でも充分に強いので、それ程 必要じゃないのかも知れませんね。

でもツイータへの琴引の施工は優先度が別格ですw。

122.7pz ツイータのGe3値 オリジナル
129.9pz ツイータのGe3値 琴引 後
ですからね。

全く違うコトが聞き取れる筈ですね。\(^-^)/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)