施工例

その3 音道仕上げ

いよいよ、SANSUI SP-100Xの逆ホーン化も大詰めに迫ってきました。



音道ラストのカーブを付けました。この際、青Qボンドをこれでもかと流しこんで、カーブを整えたような気になります。
ところどころにQテープが見えますね。
隅っこの補強&仮想球状?逆ホーンを狙いましたが、あたりかハズレかはGe3に確認してませんので、追試される方はご確認を(爆)
ケブタもちらほら見えますが、私が貼りたかっただけなので要注意!
音道の性質が変わる可能性もあるそうなので、そのままマネは禁物であります。


板をつけました。
ほんと、ビニールテープって役に立ちます。
すぐに剥がれるし、こんなもんいるか!と思っていましたが、用途を間違っていたようです。
仮固定するときや、ワックスや色付けなど塗装の液除けにはもってこいですね。
また一つ社会勉強になりました。
ちなみに、今回の作業では、木工ボンド2.5kgぐらい使いました。
使いすぎ?
性格的にドバドバいっちゃうもんで・・・
ProjectQの小ビンなら3本分ですね。
木工ボンド1kgに青Q1本ドボンしちゃうからです。
あ〜ほんとに!
100ccの青Qがあってよかった!!!

前
その2 発泡スチロールで音道作成
カテゴリートップ
第4弾 SP逆ホーン化作戦決行 by 東京・Kさん(上級チューン)
次
その4 延長ケーブル作成

レビュー随時募集しています!投稿下さった方には、ささやかなプレゼントをお送りします。(*^_^*)

レビュー大募集!

ご質問・ご感想はお気軽にBBSへどうぞ

レビュー投稿はこちら

きさへの問合せ

お試しサービス

Ge3なブログたち

サイト内検索
関連サイト
Ge3総合サイト
Ge3 - Car
Ge3 - Life
120倶楽部