感想と工作の記録です。
商品ごとの検索が可能です。

広がりのある伸びやかな響き(T.O@東京さん)

LPスタビライザー「響(ヒビキ)」のレビューです。

 

またまたやられました。
これまでGe3の製品を試して、がっかりしたことはなく、
説明だけで効果の感じられない製品は、私の求めたものの中には一つもありません。
しかし、今回のこの商品は、
私がもっとも求めていたものを見事に表現してくれ、ちょっと興奮気味です。

LPを始めて1年半ほどになります。
CDはどんなに手をかけても、LPのあの直接訴えかけくる音響の響きには及びません
(エソテリックから発売のSACDはかなりそれに匹敵するとは思いますが)。
それでも、私の再生装置では今ひとつもの足りないという思いを感じていたのは、
高音部の表現でした(中低域はそれなりに満足していました)。

しかし、たかがスタビライザー一つでそれが解決されるとは。驚きです。
普通は重いものですが、拍子抜けするほど軽くて頼りなく感じられます。
ところが、とんでもないその高域表現に触れたところ、うっとりするほどでした。

Ge3の商品説明でも述べられています。
通常の
スタビライザーは音が絞まり、
それが音を良くした風に受け取っているわけですが、実はそれは、
音を窮屈にさせているのではないかという指摘には、目から鱗でした。

聴き始めは、低域の響きが落ちたのでないかと思われるかもしれませんが、
そんなことはない、全体に伸びやかな響きとなって、
低域だけに神経を取られなくなっただけです。
ほんとうに広がりのある伸びやかな響きです
(いつも製品のネーミングに感心していますが、
 今回の「響」も、まさに製品の性質にぴったりだと思います)。

コメント 1 件

きさ より:

LPの音は、上手く鳴らすことが出来れば、本当に熱い音が聴けますよね。
僕はLPが聞ける状態ではないので羨ましいですw。 

きらりん

そろそろセッティングするかな?!

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)