Ge3チューニング作法
トップ  >  基本編  >  はじめの一歩  >  1.なぜチューンが必要か

1.なぜチューンが必要か


きさ:
そもそも、なんでSPシステムにチューンアップが必要なのか判る?



つる:「鳴っているけれども、リアリティが足りない」から…?



きさ:そうなんだけど…
Audioを趣味としている人が、
出来るだけいいものを買って、
いいものに仕上げて、
いいセッティングにして、
…っていうのを研究してはるやんか?

で、部屋もいじって…っていう人が多いけど、
「何のためにそうしてるのか?」
それが判る?



つる:「音のために」はあるけど、「どんな音のために」ってこと、目的ですか?



きさ:いや、あの〜、たとえばね、
消極的な理由やったら、
「隣に音がきこえるから、壁とかをしっかりしてるねん」
っていう人も多いやろうけど、
多くの人は「より良くしたいから」床を強くしたいとか…

で、
そういう積極的な理由を元に、
みんなやってはるとおもうねんな。



つる:
うんうん。



きさ:だから、カーテン引いたりするのもそういうことやんか?
ガラスに反射する音を直接聞くのが嫌やから、カーテン引く、とか。



つる:うん。



きさ:
そしたら今度は、
「音場」っていうものを設えたいが為に
色んなことをしはんねん。

んで、それはまぁ、
そういうテクニックがあるから、
それはまたその時に話するとして、

まず、
「出てくる音に満足してますか?」
ってことやね。



つる:うん。



きさ:んで、「満足してる」って人には、
あんまり出会ったことがないわけ。



つる:きささんでも?



きさ:ぼくでも。



つる:色々しているけど、満足していない?



きさ:うん。次々欲がある。
当然やン?

欲がある世界が、趣味になって続けられるんやとおもうんやけど、



つる:確かに(笑)







きさ:その一番やりたいことの、率の高い問題は?っていうと、
要約したら「リアリティ」やとおもうねん。
色々な人の意見を聞いてると、人によってリアリティーというモノが違ってる
言うことが最近判ってきたんやけど、それについて語るとまた長いので・・・

Ge3的リアリティが好きな人について語りますよ。



つる:は〜い。



きさ:なんか、二枚くらいカーテンの向こうで鳴っている様な音って聞いたこと無いかな?
フルートが笛に聞こえるとか、トランペットが風船みたいな音してるとか…



つる:うんうん。(頷)
ああ〜、なんか、もんにゃりとした音してるわ〜…みたいな。



きさ:そうそれそれ。
ちょっとでも、そんな音を良うしようとおもて、みんなやってると思うねん。



つる:うい。



きさ:で、その大きな理由を、
「どこが悪いねん?」って順番に調べていくと、
AMPはたぶん悪くないねん。

大抵のAMPは、もうそこそこの、それなりの性能があるんよ。

んでも、SPの方は、あまり進歩してないねん。
100年程前からね。
エジソンが蓄音機を作ってた時代から、本質的には、あ〜んまり変わってないねん。
紙は紙やし、形もあんなんやし、磁石でできてるしね。

だから、そこに手を入れた方が速いと思った訳、僕はね。



つる:
ふむむ。



きさ:じゃぁ、素人っていうのか、素人にケの生えた程度でも、
その「構造的な問題に手を入れる方法」を探ろう、っていうのが

Ge3製品セットの「はじめの第一歩」であり「Ge3的な基本チューン」やねん。



つる:ほあ〜。



きさ:メーカーがやってないからね。



つる:はい。(苦笑)

 

<つづく>

カテゴリートップ
はじめの一歩
次
2.空気は意外と重たい

ご質問・ご感想はお気軽にBBSへどうぞ

レビュー投稿はこちら

きさへの問合せ

お試しサービス

Ge3なブログたち

サイト内検索
関連サイト
Ge3総合サイト
Ge3 - Car
Ge3 - Life
120倶楽部