ぬりぬり黄色Q(7)

さ〜ていよいよ…

ギアいれて(カキン☆)
クラッチ握ってた手を緩めて(ぐにに☆)
しゅっぱつ☆ア☆GO!!

走り出して…また「うはは」でちゃいました。

というのは、あまりにも

2.まっすぐに走る

からです。
フレームの精度が上がり、
堅くなったせいでしょうか?
まっすぐ走るようになってはじめて
いままでどれだけくにゃくにゃ・ふらふら走っていたか、がわかりました。

そして

3.お尻がシートにすいつく

ようなフィーリングです。
今までは、ぽよんぽよんしてたのね?!」
その感覚が消えて初めて「ぽよんぽよんしてた」ことに気づく、という…
存在を知らなければ、有るのか無いのかすらわかんないものですね〜。

なにコレ!なにコレ!!なにこの安心感!!!
 

まるで今までのバイクのフレームが「竹」だったらば、
Project Q黄色を塗ったバイクのフレームは「樫の木」になったような体感です。

 

ひとは未知のこと(存在・体験)を、100回聞くよりも
体験したほうが理解が早い!
…というのを自分で体感しました。

「自分で体感する」この奥行きの深さよ…嗚呼…。
 

まさに『百聞は一見に如かず』!!

 

まだまだ続きます…
(8へ続く)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)