カレー


昔、たまらなくなって、中国の奥地に旅をした。

昆明を通り、大理を越え、雲南の国境までやって来た。

ここまで来ると、中国も国際的になってくる。

パキスタン系、ビルマ系、色々な服の、肌の人がいる。

宿を確保し散歩に出ると、町一番の市場に、小さなカレー屋を見つけた。

店の中では、故郷へ帰るとおぼしき若者が、涙ながらに抱擁を交わしている。

さすが国境、驚くほど本格派のカレーに、舌鼓を打つ。

中国の彷徨に疲れた体に、カレーの刺激が染みていく。

一息ついて店を見回すと、雑誌の下に押しつぶされたノートがあった。

それは、ここを訪れた旅人の記す、寄せ書きノート。

いろいろな落書きが連ねてある表紙をめくると、

色々な言葉で、挨拶の言葉が書かれている。

意味は判らないけれど、きっとここを訪れる誰かのために、

書き連ねられた一方通行の言葉達・・・

その中に、思わず目に飛び込んできた、日本語。

それは突然、頭の中に響いてきた。

「ようこそ、ここまで、やってきたね」

かすれてかすかな薄い文字。しかし確かにそう読める。

予期せぬ言葉に滲む視界。不意に、心に打ち込まれたフレーズ。

その短い言葉を、喧騒の中、テーブルで何度も、何度も繰り返した。

暫くたってペンをとり、私も一言書き添えた。

「ここまで、やってきたよ」

時間を超えて、偶然を越えて、何かが一つに繋がった。

ふわふわ漂う糸の端を、掴んだような気がした。

突然、帰ろうと思った。

それは、確信に似ていた様に思う。

店を出て、宿泊もせず、バスに乗り、飛行機に乗って、

日本に帰り、社会生活に戻って、今に至る。

ネット上の色々な掲示板を見ていて、

時々、私はあのときの事を想い出す。

あの言葉に遭わなければ、店に入らなければ、

私はどこまで彷徨ったろう。

きっと電脳の世界では、同じ様な出来事が、

身近などこかで、起こっているかもしれない。

だから、掲示板に書かれた言葉達に、

それを書いた仲間に、そっと心の中で呟いてみる。

あなたの言葉は、そっと世界に置かれた言葉は、

ひとりぼっちではないのです、と・・・。

by nebula

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)