市野式HUBを試す

■  市野式HUBを試す

今更だがHUBも試してみた。

HUBと電源部の外観

電源部の大きさに驚くが、それ程の重さはない。
市野さん曰く「汎用のケースがデカイ!あと1/3は低く出来るよ」^^;
整流にはSic SBDを使っているそうだ。
HUBは市販の製品を購入して電源部を改造したらしい。
中身はギガHUBだと思う。
確かにギガHUBと100MBHUBには違いはあるとは思うが、

その違いは感じられかった。

電源の良し悪しの影響の方が、その違いを払拭するのだろう。
 

HUBの上に地鎮を載せて試しているところ…
下は今も使っているギガHUB

違う角度から見たHUB

で、HUBをどこに使ったかと言うと、
もともとSONYの2030はHUB内蔵なのでHUBは要らないのがメリットなのだが、
ともかく、その間に入れて試してみた。

● 最初の印象
低音や響きが豊かに聞こえるが、
ヒラリーさんのバイオリンは耳に突き刺すような鋭さが甘くなってしまった。
ボーカルなども甘く丸い感じがする。
鬼太鼓座も全てが美し過ぎる。
トレーニングに7時間程掛るようなので置いておくことにした。

● 7時間後の印象

ヒラリーさんのバイオリンに鋭さが戻ってきた。
甘さは立体感と熱さに変わった気がする。
鬼太鼓座もフラメンコも乾いた音になった。
微妙だがHUBを使った方が明らかに生命感のある音に聞こえる。
根幹の部分の変化なのでトレーニングは全体に及ぶのだろう。
そのトレーニングが終了するのは3週間後だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)