電源をイジる。 その3

TsunaさんのBBSへの投稿(20150612)を転載します。

■ 電源をイジる。 その3

SiC SBD を試す -3

さて,NAS のSW電源に SiC SBDを搭載して一週間ほど経つのですが,
音も落ち着いてきたと思っています.
とにかく活力のある音であることは間違いないです.
ちょっと影のような元の音に戻る気はありません.

ところが元気が良すぎて少し乱暴なところがあるのではないか,と感じ始めました.
今まで聞き難かったCDも何とかこなしてくれますが,欲を言えば,
もう少し大人になってくれんかな,というところです.

もし,君( SiC SBD)がだよ,重要な働きをしていると言うのなら,
これに反応するはずだと,ぼくは思うんだ.


Qミルフィーユはピンポイント的な使い方で、制振効果によるスッキした
見通しの良い音とQ効果による品位の高い音を同時に実現することが出来ます。
・・・と,Ge3ストアには書いてある.よろしくね.


(^-^;;・・・こ,これは・・・やばい・・・( ̄□ ̄;)
え~?こんなに滑らかな音になるの!?
これほど「Qシート」の効果を大きく感じたのは久し振りだ.
(「 Qミルフィーユ」の一枚剥がしと同じですよね?)
女性の声なんか,艶っぽ過ぎて,ちょっと・・・あれだな.(^-^ゞ

何なんだお前は?おかしいだろ!?
お前の後ろにはスイッチング回路があってさ,
整流回路があって,NAS から一番遠いじゃないか.
ちょ・・・ちょっと待ってろ.あ,秋葉原へ行って来るからな.逃げるなよ.
続きは明日にでも

 

きさ@Ge3コメント

Ge3値を調べてみました。

 120.3pz  ノーマル
 122.2pz  SiC SBDに換える
 122.7pz  SiC SBDにQシートを貼る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)