「雲泥うす」を機器の足に使う

■「雲泥うす」を機器の足に使う

DVD ケースの下に「雲泥2」を入れて、
我ながら、その性能の良さに喜んでいたのだけど…
機器が滑って使い勝手が良くない。

それで「雲泥 ウス」を作ったのだが、こいつも滑ることには変わりはなかった。^^;
そこでDVDケースに直接貼り付けて足にすることにした。
こいつの調子が良いので、報告することにした。

今回は4個の「うす」を用意して裏のフェルトを剥がしたが、
3個で足にしても良い。

フェルトを剥がすと、写真のようにひび割れがあるかもしれないが、
性能には関係しないので、気にしないで良い。

フェルトを剥がして「うす」をケースに直接ホットボンドで貼り付ける。
貼り付ける時のコツだが「ホットボンドを付けてから貼り付ける」のと、
「雲泥 ウスを底板に置いてからホットボンドを付ける」のとでは効果が違う。
「雲泥 ウス」と底板との間にホットボンドが入らない方が良いのは言うまでもない。

この様な感じで4個とも固定し、このような仕上がりとなった。\(^-^)/

社内では「ブサイク!」と言われたが音は良いので、これで良いのだ。

63.3pz 元のゴム足
124.2pz 雲泥うす
性能は雲泥だ \(-o-)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)