サンスイ S-33がドールハウスに聞こえる理由

■  サンスイ S-33がドールハウスに聞こえる理由

小さなSPのサンスイ S-33を試して改めて判ったことは、
部屋の空気を揺るがすGe3値の重要性だ。
Ge3で現在、試聴に使っているリビング ルームは約38帖とチョット大きめだ。

その部屋全体の空気を揺るがすには、それなりの能力がSPユニットに必要だ。
部屋を揺るがすGe3値を取り敢えず基準と云うコトにして、
その適正値は120pだとして考えてみた。

SPの空間を揺るがす性能のGe3値は

 サンスイ S-33 111.0p
 JBL LE8T 118.2p
 DUATONE DS-9Z 122.7p
 DAYTON AUDIO PS180-8 119.3p
 DAYTON AUDIO PS180-8 2個 122.9p

※ 各SPのエンクロージャはASとする。
※ 理想的なサブウーファーは必須とする。

JBL LE8Tは、ちょっと物足り無くてDS-9Zはご機嫌だった訳は、
やはり 
この「部屋の空気を揺るがすGe3値」にあったようだ。

現在、DAYTON AUDIO PS180-8を鳴らそうとしているのだが、
私の場合は2個をタンデムで使う必要があるらしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)