オーディオ的浸透力 Ge3チューン写真集 黒アゲハと琴引

 ■  SPの改造 コーン紙には黒アゲハを貼るべし

 Ge3チューン 黒アゲハと琴引の写真集 

Ge3ユーザさんのSPチューンの写真を集めてみました。

強者ども達の果敢な緒戦の記録です。

ユニットだけで製品が判りますか?
懐かしいSPもありますし…

驚愕のユニットもあったりして…

テレテレ

「黒アゲハ」はフチ部分の処理に敏感です。
空気などが入ったり端がめくれたていたりすると、
そこが振動して音が出るようになってしまいます。
この音は目立ち気になるので注意て施工します。

「黒アゲハ」は質量でコーン紙の特性を変えている訳ではありませんが、バランスは大切です。
出来るだけ均等に貼ることも重要です。

■  琴引 ユーザさんの施工例の写真 

ホーンのドライバー内の振動板にも琴引を貼ります。
分割振動を減らすコトはホーンドライバーにも非常に効きます。
写真はJBL9500の振動板に貼っています。

YAMAHAのM1000かな?

Pioneerです。

 

Tannoyです。

 

オーディオ的浸透力 Ge3チューン写真集 黒アゲハと琴引」への2件のフィードバック

  1. 805Dのウーファーの裏側に「黒アゲハ」を貼ってみました。
    いままで拡散してしまっていた低音の密度とエネルギー感が向上し、
    ブリブリ鳴るようになりましたw。
    鬼太鼓座もボリュームを50以上に上げるとコーンがびびっていたのが、
    60以上に上げてもびびりが発生しません。

    >コーン紙には黒アゲハを貼るべし!

    仰るとおりですw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)