インナーイヤー型イヤホンのチューン

クリエイティブ社はおかしな会社で安価な製品に倶楽部員が多い。
僕は密かに色々持っている。(爆)

「下手に捏ねくると旨くない」の見本みたいな製品である。 (笑)

これは6年ほど前に1万円ほどで買ったプレーヤに付属していたモノで、
見かけはチープだが
バランス良いのでずっと使っている。
これよりも高級そうなiPadやWalkmanに付属していたものあるが、
こいつの方が明らかに音が良い。

そう、このヘッドフォンはチープでも倶楽部員なのだ。\(^-^)/


今回、このヘッドフォンをQシートを使ってチューンしてみた。
今までズボラをかまして何もやっていなかったのだ。^^;

やったこと…

矢印の所にQシートを2mmx10mmに切って貼っただけだ。
狙いはユニットの不要振動を防ぐのと
Qの効果で性能を設計値に近づけることである。
結果はびっくりする程良くなった。
Ge3値は 126.2pzだそうだ。\(^-^)/

Qシートの再発売を検討する必要があるね。

 

更に驚くのは、超安価な Creative インナーイヤー型イヤホン EP-630 である。


500円くらいで送料が500円掛るそうだが、
それでも1000円で入手できる倶楽部員である。
素のGe3値は121pとな…
Qシートを使うと126.8pzになるらしい。\(^-^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)