聴能力のはなし5

〆                     〆

 

 


つる:工業製品みたいに…っていうのは、

上にたつ人…まとめる側?が楽やからですかね?


きさ:そうやとおもう。


つる:は?…


きさ:まとめたがってる側、な。


つる:う〜ん。


きさ:マスコミとか。


つる:んんん。

思うように人を動かしたい側、ですよね。


きさ:うん。

ほんで、それはね、傾向として

「思うように動かしたい」

「まとめて動かしたい」

「効率が良いから」

っていうのが、

社会の進化の過程では、

こんだけの資本しかないなかで、

みんながご飯を食べるために必要やったと思うねん。


つる:うん。

 

きさ:でも、今はもうあまってんねん、ごはん。

たらんトコはあるよ?勿論。


つる:うんうん。

 

きさ:ごはんがあまってる社会が出始めてンねんか。

…ということは、

選べるねん。

ごはんを。


つる:うん。


きさ:ほんなら「金曜日はお味噌汁ね」っていうのが要らんわけ。


つる:…そうですねぇ。

きめられたものじゃなくて、

好きなもの食べたらええやないか、ってなりますよね(笑)

 

きさ:うん。

そうなってくるとまた話は変わってくるねんけど…

多分そこに変わって行く過程やとおもうねん。

個人個人が、自由に暮らせる時期に入る、

その過程やとおもうねんな、今。

 

つる:はは〜。


きさ:で、それが嫌いな勢力がおるねん。


つる:…みんないっしょに、味噌汁を…


きさ:そう、金曜日は味噌汁。ってしたい奴らがな。

とにかく「量が売れるから」。

んで、「量×単価×利益したら、大儲け」っていう簡単な数式を…


つる:それはその人の得になるから、ですよね?

 

きさ:その人、いうのか、その社会の得にね。

社会というよりも、企業やけどね。


つる:ははぁ。


きさ:社会、っちゅーか、企業が「得する」とおもとるから動くんちゃう?

 

つる:ほぁ〜成る程〜…


きさ:んで、

そんな企業を「うわ!気持ち悪っ」って

だんだんみんな思てきたら、

分母がちいさくなるやん?


つる:社会…企業対個人の。


きさ:そう。

そしたら、今のやり方の企業は生き残られへんやろなぁ。


つる:うん…成る程。


きさ:だから、物凄く足をひっぱってるンやとおもうよ。そういう企業が。

 

つる:ふ〜ん…。

 

きさ:「企業」っていうのは「利益集団」っていう意味で、今使てるねんけど、

宗教団体もいっしょね。

 

つる:ふむ。

…ひとつの…「カンパニー」ですよね?

(company:一緒に(com)パン(pany)を食べる人)

 

きさ:うん。


つる:「まとまり」?「集団」?「団体」?

 

きさ:「ユニバース」っていうのか…

(universe:一つに(uni)回る(verse))

まぁそんな「団体」や。

「組合」みたいなね。

 

つる:ふむ。


きさ:ほんで、それは普通のAudioの世界でも、

同じような発想があるねん。

 

つる:ふ〜ん。


きさ:だから、「社会的」な…なんていうの?「常識」になってンねやろな。


つる:ふむむ。


きさ:…悲しいこっちゃとおもいますだ。

 

つる:ますだ。(笑)


…まぁ、Ge3は、ちこちこ…ちくちく作ってますぜ、と。(苦笑)


きさ:そ。(頷)

   大量には…(苦笑)

 

つる:…できまへん(苦笑)

申し訳ないけれども。

…その代わり、エエモンつくりまっせ〜、と。

 

きさ:うん。

わかるんやったら得でっせ?と。


つる:わかって、且つ、Ge3の音の方向と同じモノが好きなら?


きさ:うん。


つる:成る程………じゃぁまず、自分の方向性(どんな音が好きなのか)を認識するところから、ですね。

 

きさ:せやね。


つる:…お疲れ様です。

ありがとうございました。m(_ _)m

 

きさ:はい、おつかれさん(^^;)


 

 

 

 

 

(「聴能力のはなし」終了)

 

〆                     〆

 

<追記>

 

言いたいこと、伝わったでしょうか?

何故「違い」を認識しないのか…そのほうが良い構造の中に組み込まれてるよ、っていう話でした。


つまるところ、

「違いがあるよ」ってことと、

「自分の方向性はどっち向き?」っていうのが分かっていると、

なんだかいろいろ楽そうだ、というお話(^^)/。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)